ストレスの再発防止策~克服するから、予防するへ~

ジョブハック~仕事の流儀~

こんばんは。ひろきち@b2s4uです。

だいぶ春らしく暖かくなってきました。
皆さんのところはいかがですか?

今日はお休み。
朝から強風が吹き荒れるなか、開き始めた桜の花を観に散歩に行ってきました。

まだ6分、7分咲きといったところ?
桜の花はやわらかい色合いがすごく好きです。
散歩しながら桜の花を観て、川沿いの自然に触れてこころが楽しくなりました。
日頃のストレスがなくなったような気になります。

今回は、そんな「ストレス」について書きます。
タイトルは「ストレスの再発防止策」。
クレーム処理の専門家らしくwというのもありますが
今回の内容は、ストレスとの付き合い方ではありません。
再発防止策・・・ですので、「ストレスを生まない」を目的とします。

では、本記事に入りましょう!

 

ストレスは病気

今朝、何となくストレスについて考えていて、Twitterに投稿しました。

『ストレスは病気』と表現しました。

よく、「ストレスの発散方法」が話題になりますね。
例えばカラオケに行く、音楽を聴く、お笑い番組を観る・・・
その効果は確実にあると思います。しかし、こんな経験はありませんか?


仕事でストレスが溜まって、日曜日に友だちとカラオケで発散。
「あ~っ、楽しかったー!だいぶ気が楽になった!」
・・・そして日曜日の夜。
やってくるのは「サザエさんシンドローム」。
「あ~、明日も仕事だ、いやだなあ・・・行きたくないなあ・・・」



・・・そう、ストレスは病気と同じで、対処することはできます。
薬で痛みを克服したり、ワクチンで治すこともできる。

しかし、ストレスのもとが消えてなくなってしまうわけではない。
ストレスの素になるような、ガミガミ上司、仕事の忙しさ、クレーム・・
それを変えたりなくすことは至難の業です。
なので、またストレスはやってくるわけです。

では、私たちはストレスから絶対に逃れられないのでしょうか?

いいえ。
「再発防止策」は必ずあるはずです。


なぜなら、ストレスは「病気」だから。
例えば、インフルエンザ。
私は、インフルエンザにはもう10年以上かかっていません。
運もありますが、体調管理やマスク着用など、しっかりと対策をしてきたからです。
しかし、インフルエンザウイルスが無くなってしまうことはありません。
毎年、形を変えながら存在し続けています。

ではどうすればいいのか?
インフルエンザで言えば、ウイルスを受け付けない強いからだを作る。
「免疫機能向上」です。
そして、マスクや手洗いなどの
「予防対策」。
この2つしかありません。

では、ストレスの場合はどうすれば よいのか?
考えていきましょう。

免疫機能~ストレスを受けない強い体を作る~

インフルエンザにかかりにくい強いからだ、免疫機能を作るには?
例えば、乳酸菌を意識して摂ったり・・・運動したり、がありますね。

ではストレスの場合は?
これが完璧、というわけではありませんが
マインドセットがその方法です。
ストレスも、上述したように「ストレスウイルス」を無くすことは難しい。
そこで、ストレスを撥ねつける強いこころを作ることが大切です。

具体的な対策としては、
『こころの筋トレ』と、『反復、継続』です。

ストレスは心の風邪、インフルエンザと言えますので
トレーニングにより心の筋力を上げましょう!

そして、筋トレは1回だけやればOK、ではありませんよね。
反復してこころに負荷をかけ、継続することで強くなります。
ただし、この場合の負荷は「ストレス」ではありません。
楽しい、感謝、自己や他人を認める『承認』。そんなプラスのイメージの負荷のみです。

では、どんなトレーニングがあるのでしょうか?

こころの筋トレ~笑顔がこころを作る~

最近、私が取り組んでいる筋トレがあります。

『笑顔向上筋トレ』。
全力の笑顔を、ただ「作る」こと。全力で「作り笑い」です。
ここで大事なのは、「全力であること」。

ただのハニカミ笑顔ではダメです。
なぜかというと、全力の笑顔はこころに作用するからです。

人間という生物は、一貫性のある生き物です。
全力の笑顔を作っていると、出る声は自然と明るくなります。
全力笑顔のときは、意識しないと低い声や暗い声を出せません。

では、全力笑顔で自然に明るい声が出たらどうなるか?
今度は、ネガティブな言葉が吐けなくなってきます。
めっちゃ明るい声で、他人を罵るような酷い言葉は言いにくいですよね。
昔、俳優の竹中直人さんの芸人時代にそんなネタがありましたがw

では、笑顔で・明るい声で・ネガティブな言葉が口にできない
この状態になるとどうなるか?
脳に作用するのです。
脳にはセロトニンという、幸福ホルモンと呼ばれる分泌物質があります。

このセロトニンは、抗うつ剤に使われている物質でもあります。

このセロトニンは、作り笑顔でも分泌されることが研究で明らかになったそうです。
つまり、
「楽しいから笑顔になる」ではなく、「笑顔が楽しい気持ちを生む」のです。

では、仮に常に全力笑顔で居られて、幸福ホルモンが常に分泌されていればどうなるか。
この幸福感は、あなたの中に溜まっていきます。
スピリチュアルな表現に聞こえるかもしれませんが、
ひとは誰もが、こころの中にバケツを持っています。

このバケツは、どんなものでも満たすことができます。
例えば、幸福感、感謝の気持ち、自分や他人を認めること。
だけではありません。
ネガティブな気持ちもそこに入ります。
愚痴、自己嫌悪、嫉妬などなど・・・

そして、この「心のバケツ」が溢れるとどうなるか。
そのバケツの中にあるものがあふれ出てきます。
つまり、ネガティブな気持ちで満たされていればそれが溢れ、表に出ます。
それは、時として他人に向かう。


よく愚痴が多いひと、文句が多いひとっていますよね。
その人の心のバケツは、ネガティブなもので満たされているから、それが表に溢れているのです。

では、常に笑顔で幸福感が満たされ、心のバケツが幸福感で満たされていればどうなるか?
そう、幸福感しか溢れてきません。
そしてそれは、ネガティブと同じように他人に向かうこともあります。

周りに、「このひと幸せそうだなー」ってひとはいませんか?
当然その方にも辛いことはあるでしょう。
しかし、その方の心のバケツは幸福感がたくさん入っているので、それが多く溢れているのかもしれません。
そんな方が近くにいると、何となく癒されて楽しい気持ちになることもありますよね。

つまり、全力笑顔で幸福ホルモンが分泌され、心のバケツが幸福感で満たされていると?
バケツの中には、ネガティブなものが入りにくくなります。

・・・そう、ストレスも。


では、次の項で全力笑顔を効果的に練習するトレーニング方法をご紹介します。


笑顔の筋トレ~習慣化するには?~

私が取り組んでいるトレーニングは、ふたつあります。
①マスクで笑顔
②全力笑顔歯磨き

です。
いくら笑顔が重要だといっても、常に全力の笑顔の人がいたら気持ち悪いですよね。。
そこで、マスクを着けることで他人の視線を気にすることなく、笑顔の練習をすることができますw

笑顔の練習がしっかりできていると、思わぬ副産物もあります。
それは、対人でも自然な笑顔ができること。
TPOもありますけど、笑顔を見て嫌な気持ちになることは少ないですよね。

そして、全力笑顔歯磨き。
これは、毎日の歯磨きの間、全力で笑顔を作るだけです。
※口からお汁が落ちないように注意してくださいw

「毎日、笑顔の練習を10分やる」みたいな目標を立てても、継続が難しいですよね。
そこで、毎日やっている。すでに習慣化している「歯磨き」に笑顔を組み合わせることで、継続しやすくするのです。

「これで何が変わるんだよ」と思うかたもいらっしゃるかもしれません。
百聞は一見に如かず、です。

やってみてください。あなたの中で何かが変わってきます。
保証します!


まとめ

①ストレスは病気、根治よりも対症療法よりも「予防」
②心のバケツはプラスのイメージで満たそう!
③笑顔筋トレ!継続がキモ!


以上、ストレスの再発防止策について述べてきました。
とはいっても、ストレスが無くなることなんかないよ・・・というのが皆さんの感想でしょう。
もちろん、「絶対にインフルエンザにかからない方法」が無いのと同じように、ストレス再発防止策にも絶対はありません。
しかし、インフルと同じように予防率を上げることは絶対にできます。

これを読んでくださった方のこころが、明日から少し楽になったなら。
すごく嬉しいです。それを祈っています。

幸福は物量でなく、感じ方です!!
皆さんのもとに幸せが訪れますように。

では、また。


コメント